前へ
次へ

少額の借金を自己破産で消せるのか

借金といえばあまりする人がいないと考えるかもしれません。しかし住宅を購入する時には数千万円レベルの住宅ローンを利用するでしょうし、マイカーローンでも数百万円程度のものを利用するでしょう。カードローンなどのように生活に利用する借金と住宅ローンは別物と考えるかもしれませんが実際は同じと言えます。ただ住宅ローンは厳しい審査の元で利用が決められるので、一般的なカードローンなどに比べると完済される可能性は高いでしょう。気軽に借金ができるサービスとしてカードローンがあり、こちらは金融機関でカードを作ればそれ以降は審査が無くても借りたり返済ができます。きちんと返済をしていれば限度額も徐々に上がっていくので、借入金額も増えていくかもしれません。ただカードローンの限度額を増やすにはそれなりの信用が必要なので、返済が難しいと考える人の借金は100万円ぐらいのこともあるようです。債務整理をすれば借金を無くせると法律事務所に相談に来る人もいます。債務整理の中で最初に勧められるのが任意整理で、こちらは債権者と法律事務所が話し合って返済計画を立てていく方法です。利息は免除してもらって返済期間も余裕を持たせてもらい、数箇月から数年で元本を完済できるよう話し合ってくれます。数百万円程度の借金であれば取れる方法で、債権者にも債務者にも利用しやすい方法と言えるでしょう。ただ返済が必要でありそれを嫌がる人は自己破産をして借金を一気に無くそうとします。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren5set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

自己破産は裁判所に申請をして、いろいろなやり取りの結果免責されれば借金がなくなります。このときには借金の額が返済が難しいほど大きいことが条件となっていて、任意整理で返済できる数百万円程度だと免責されない可能性があります。もちろん仕事ができない状態などの理由があれば100万円程度でも免責される可能性がありますが、ただ職についていないだけで免責されるわけではありません。金額が少ない時はまずは任意整理をするよう検討した方が良いでしょう。

Page Top